消費者金融を利用しよう

お金を借りるという事

 

私はお金を借りるという事に対して二つの状況があってその状況によって、まったく意味合いが変わってくると思います。

 

一つ目が「お金はあるが、借りたほうが有利なので借金をする」場合
二つ目が「お金がないので、借金する」場合です。

 

前者の場合は、例えば家を買う場合などです。例えば貯金が3000万円あって3000万円の家を買う場合。
現金一括で買うこともできるのですが、そうすると、生活資金やもしもの時のお金もなくなってしまいます。
また住宅ローンを組んで、もし借り入れをしている人が亡くなった場合はローンがそこで免除になる場合もある。
などなど考えると、頭金を1500万円くらい入れて、残りはとっておいて運転資金にしたほうがいい、という感じの時。

 

この時の借金1500万円は戦略的で、とてもいい借金の仕方だと感じます。

 

しかしお金がなくて借金をする場合は、注意が必要だと思います。
まずは返す当てがあるのか?返す当てがない場合は借金はリスクが高すぎると思います。

 

返す当てがある場合なら、その借金によって何を生み出せるかを天秤にかけて考えたいものです。

 

その借金をしたことで、次につながっていくのかその借金をしたことで、どれだけのピンチをひとまず超えることが
できるのか。
何となく借金をするのだけはなしだと思います。

 

社会人なら金融業者を利用してみては

 

よくお金が必要になった時に、親戚や知人に頼むという人がいますが、私としては、トラブルの原因になり兼ねないので、お金を借りるのは親だけにしておいた方が良いと思います。
私の身近でも、数は少ないのですが確かに今までお金の貸し借りに関するトラブルを耳にしたことがあります。
少し前に私も友人が海外で結婚式を挙げるということで、是非参加したいと思い、ボーナス前にまとまったお金が必要になりました。
その際にはきちんとカードローンでキャッシングをしました。
知人や親戚には金利という考え方がないので、どの程度のお返しをすれば良いか分かりません。
その点金融業者から借入れをすれば決まった金利を支払うことで済み、しかも金融業者からはお客様として扱って貰えるとなれば、理に叶っていると思います。
きちんと返済することを考えると借り過ぎをすることもありませんし、借りた以上は頑張って完済しようと気合が入りました。
私はまだ一定の収入がありますので、審査に関しては心配していませんが、もしも専業主婦になったら親に頼ろうと思っています。
社会人として仕事をしている人は、金融業者を利用するのも日本の経済を活性化させる為に悪いことではないと思っています。